立正大学付属 立正中学校・高等学校
6/44

05 RISSHO GUIDANCE 目標を決め、達成するための道のりをイメージし、必要なものを準備する。これは勉強に限らずクラブ活動の練習や文化祭の準備など、学校生活のあらゆる場面に通じる力です。 計画を立てて実行することが第一歩。さらに、結果を検証してより最適な計画へと改善していくこと。これらを日常的に繰り返すことで、一日、一ヶ月、一年間が中身の濃い充実した時間になっていきます。自分たちで考え、行動し、達成する。目標と計画を立て、実行する力が、自立に向けた成長の土台になります。手帳を活用した自己管理生徒がつくる立正祭学習習慣・生活習慣が身につきます多くの生徒が運営に参加 立正では入学直後にスケジュール手帳を配布します。大切な事をメモに取り、帰宅してから読み返したり、日々の予定や学習計画を立てたりすることで、学習・生活習慣が身についていきます。また、手帳には学習時間を記録するスペースもあります。時間や回数といったデータは、自分を客観的に見ることに最適。結果と過程が見えると、具体的な自信や反省につながります。日々を振り返りながら、次のステップを自ら考えることで、自己管理能力が養われていきます。 毎年、秋に行われる立正祭。その運営には生徒会と立正祭実行委員会を中心に、各クラスの立正祭委員や有志生徒による協力委員が加わります。事前の準備から立正祭当日の会場誘導、そして、プログラムの司会進行まで、来校された方々が楽しめるように全力でサポートします。☞ Please check page 12 >>> 手帳を活用した自己管理

元のページ  ../index.html#6

このブックを見る