立正大学付属 立正中学校・高等学校
43/44

RISSHO GUIDANCE 42入学時および入学後の諸経費DATA中学校高等学校中学からの高校進学■入学手続き時(平成28年度)*入学手続き時の納入金は返金いたしません。■入学初年度学納金等(平成28年度)▪授業料(2期分納)▪師親会費(入学後)447,000円★447,000円▪予納金(入学手続き後)中学中学高校高校218,416円173,516円222,064円177,164円▪施設費(入学後)165,000円165,000円13,500円▪生徒会費(入学後)12,000円★就学支援金により減額の可能性があります。*予納金は、教材費・体育着・通学鞄等の費用に使われます。*入試成績・学業成績が、極めて優秀な生徒に対して特待生制度があります。*師親会とは、PTAのことです。*学年により、修学旅行の積立金があります。*寄付金は任意(1口10万円1口以上)です。学債はありません。*学納金等は、変更する場合もあります。中学高校入学金250,000円250,000円220,000円男子女子男子女子奨学金制度について学業成績、人物ともに優秀でかつ健康な生徒に対して、入学金、授業料、施設費などを免除する特待生制度を設けています。また、勉学の意欲がありながら、経済的困窮のために通学・進学が困難と学校長が認めた者には、入学金、授業料を免除し、場合により奨学金を支給する制度を用意しています。日本の社会構造の急激な変化により、教育を受ける側にも経済的な困難を招くケースが増加しています。本校では、在学している生徒・父母の自助努力の手助けの一環として、教育資金援助活動を行っています。▶特待生制度▶同心育英基金入試成績優秀者入学金・授業料(原則3年間)・施設費を免除対象者特待生制度入試成績が上に次ぐ者入学金を免除高校3年次において成績優秀であり、かつ立正大学に進学する者大学1年次の学費を免除在学生徒で成績優秀者次年度の授業料を1年間免除体育または文化的活動の成績による者次年度の授業料を1年間免除勉学意欲がありながら、経済的困窮のため通学困難と校長が認めた者次年度の授業料を1年間免除Q食堂はありますか?Aはい、あります。平日は中学3年以上の生徒が利用できるようにしており、中学1・2年生は自宅から持ってきたお弁当を教室で食べます(希望者には食堂で注文弁当の販売を行っています)。土曜日は、全学年の生徒が利用できます。Q校内で携帯電話を使うことはできますか?A携帯電話の所持は可能ですが、校内にいるときは電源を切り使用不可としています。携帯電話許可書の申請が年度ごとに必要です。Q学習塾等に通う生徒は多いですか?A学校全体の人数は把握していませんが、学習塾に通っている生徒はいます。しかし本校は、授業の他に補習・講習が多いので基本的には学校の勉強で十分と考えています。QPTA活動はどのように行われていますか?A本校には「師親会」というPTAがあります。これは教師と保護者が連携し、生徒たちがより良い学校生活を送れるように協力しあおうという思いが込められています。主な活動は、総会や立正祭でのバザーの出店、新聞の発行などです。また、師親会に向けたカルチャー教室(水彩画/茶道/パソコンなど7種類)も実施しています。お気軽にご参加ください。Q緊急時の連絡体制について教えてくださいA災害や事件などが発生した場合は、「学校ホームページ」と「一斉メール配信システム」を使って速やかにご連絡いたします。また、「ウェブでスクールプラス」というインターネットサービスを通じて、日々の配布物のご連絡をさせていただいていたり、生徒のようすの相談を受け付けたりしています。Q&A

元のページ  ../index.html#43

このブックを見る