立正大学付属 立正中学校・高等学校
14/44

R-PROGRAM調べる、読み取る、表現する。社会へ巣立つとき、自分を支えてくれる〝3R〟の力。▼主張や要点を読み取る力(相手の論点の理解・考察・整理)▼意思や結果を正確に伝える力(文章等による表現・人前での発表など)ReadReportR-PROGRAM13 RISSHO GUIDANCE[高校3年][高校2年][高校1年][中学3年][中学2年][中学1年]学 年2年生3年生4年生5年生6年生1年生Research▼自ら進んで調べる力(問題の発見・調査)R-プログラムは3本の柱で構成されており、それぞれのプログラムを通じてResearch、Read、Reportの3つのスキルを伸ばしていきます。柱の一つは、コラムリーディングを軸にしたスピーチ・ディスカッション・ディベートのプログラムで、文章の要約、それに対する自分の意見をまとめて発表する力、自分と異なる意見を受け入れる姿勢などを養います。二つ目の柱は読書に関わるもので、知識や見聞を広げ、創造力を豊かにする狙いがあります。三つ目はキャリアデザインプログラム。将来の目標設定と、その実現に向けた進路を選ぶ力、R-プログラムで身につけた力を結びつけます。これらのプログラムで立正が最も大切にしていることは「継続性」です。細切れの体験ではなく、1年間・3年間・6年間という期間で定期的に続けて取り組むことで3つのスキルを定着させていきます。R-PROGRAM●コラムリーディング ➡1分間スピーチ毎朝のSHRに実施。文章を要約し、その内容をクラスで発表します。▶3分間スピーチ ▶ディスカッション ▶ディベートLHRでは、少し長めのスピーチや、コラムリーディングで取り上げた内容についてのディスカッション、ディベートを行うこともあります。●読書ノート&リーディングマラソン生徒たちに読書を促す取り組みです。読書は知識や見聞を広げ、豊かな発想の源になります。●キャリアデザインプログラム(進路学習)6年▶大学ガイダンス5年▶学部学科ガイダンス4年▶オープンキャンパス訪問▶キャンパストークライブ3年▶職場体験▶体験報告会2年▶マナー講習▶職場体験▶職業新聞製作1年▶職業講話

元のページ  ../index.html#14

このブックを見る