青稜中学校
31/44

30暗記したことはいつかは忘れますが、感動したことは一生忘れません。感動する理科実験を体験しましょう。ヒトは常に理科と隣り合わせです。自分の体、立っている地面、触れている空気。それらが何か、知ってみたくはないですか?中学生で身につけた言葉の種類と数が、君達の未来を決定していく。より広く、より深く、言葉を獲得しよう!算数から数学になりますが、算数の積み重ねの上に数学があります。一緒に数学をつくっていきましょう。ダンスを通した交流によって仲間とのコミュニケーションが豊かになります。基本的な、そして生活に密着した内容の授業になります。特に実習の授業は楽しく実施したいと思っています。「社会科、きらいですか?」まずは肩の力を抜いて、一緒に勉強してみましょう。中学では、グループでの話し合いやプレゼン、自分新聞や川柳、俳句をはじめ、作品づくりにも取り組みます。違うけど、面白い。違うから興味が湧く。違っても共感できる。様々な人や物事に出会うとき英語は力になる。「なぜ?」、「どうして?」。一人一人の「?」をみんなで追求しながら、頭の中を「!」でうめつくそう。最近気になる名言 I think, therefore I am.中学からは、算数は数学に科目名を変えます。『数が苦』でなく、『数楽』になる授業を展開していきます。何のために勉強するの? たくさんの文章に出会って、たくさんの人に触れ、どんどん自由になるために。困難な時代を生き抜くために、生涯を通じて役立つ基礎力と創造力を青稜で身につけていきましょう。英語をより身近なものに感じられるように、様々な角度から英語に触れて実りある授業をしていきます。運動を通して、心と体を鍛え、何事にもチャレンジして、充実した学校生活を送りましょう。

元のページ  ../index.html#31

このブックを見る