小野学園女子中学校
19/20

1920年 小野安之助先生・進子先生が「小野女塾」を本郷区に開設1932年 小野安之助先生・進子先生が「京南家政女学校」を大井倉田町に創立1938年 大井高等家政女学校設立1946年 大井高等女学校設立1950年 ホッケー部国体初出場で優勝1957年 小野学園女子高等学校、女子中学校へ名称変更1999年 大学進学を目指す特別進学クラス設置2003年 創立70周年、記念事業として新校舎完成2005年 理科実験特別授業(SPP)取得2007年 学校長に小野時英先生就任。制服のデザインを変更2011年 都市緑化復元計画「中学生が作る大井町自然再生観察園」が、「緑の環境デザイン賞」で国土交通大臣賞を受賞2012年 ホタルプロジェクトにより、ホタルが舞い飛ぶ公園「大井町自然再生観察園」完成2013年 創立80周年、記念事業として講堂・第1体育館が完成2015年 新山中湖セミナーハウス完成2017年 小野学園自然再生観察園英和館完成 私たちが生きる世界は、日々変化し、たえず新しいエネルギーを求めています。こうした現実社会にあって、人はそれぞれ抜き差しならない使命と、余人をもって代えがたい存在意義を携えて生きています。そこでは、男性だから女性だからという違いを越えた、崇高で深遠な共通の場における共感や理解の気持ちこそが新しい扉を開く鍵となります。そして、その鍵を手に入れるためには、まず基礎基本についてのしっかりとした知識の習得と、学びのこころが必要です。自らの考えを他者に伝えわかってもらうには、他人の話を聞いて、それを咀嚼できるだけの知識・教養と技量が欠かせません。 本校は、80年有余の「女性教育」の伝統を核にして、来るべき新しい時代を駆け抜ける逞しさと、逆境をも乗り越えていくことができるたおやかさを身につけられるよう、さまざまな工夫がちりばめられた教育活動を進めています。そしてこれからも現状にとどまることなく、グローバル化する世界にあって、自らの役割を自覚し、志を掲げ続ける女性を育ててまいります。時代を切り拓く、逞しくも、たおやかな女性を育てる小野 時英理事長・校長Tokihide Ono校訓・沿革/校長メッセージ● 沿革清く、正しく、美しく19Ono Gakuen Girls' Junior High School

元のページ  ../index.html#19

このブックを見る