日本大学第一中学校
20/24

19︱Nihon University Daiichi Junior High School日大一で学び、成長した日々。夢に向かっ私と日大一の絆私と日大一の絆日本大学生物資源科学部獣医学科江川 優香さん(2016年度卒業)日本大学文理学部英文学科武久 未来さん(2017年度卒業)付属推薦を活用して立った夢のスタートライン部活動は勉強の良い刺激になりました学校生活のすべてを気にかけてくださる先生方部活動を通じて、さまざまなことを学びましたユニフォーム中学生の頃から獣医に憧れていて、獣医学科を目指そうと決心したのは高1のとき。進学に向けてまず取り組んだことは勉強を習慣づけることでした。その日にやることを手帳に書き出して、1日の流れを自分で考える。中2からチアリーダー部を続けていて、部活動をやっていたからこそ、時間の使い方を工夫する力がついたように思います。獣医になるために、まだまだ勉強が続きますが、動物目線と飼い主目線の両方を備えた獣医になれるよう頑張ります。一生懸命取り組んだバレーボール部での活動が、一番の思い出です。練習はハードでしたが、先生方はバレーボールの技術ばかりでなく、礼儀やマナー、勉強の成績も気にかけてくださり、さまざまな形で声をかけていただきました。厳しい注意には、時に反発することもありましたが、今は指摘していただいたことに感謝しています。中学生と高校生が親しくなれることも部活動の魅力です。先輩からのアドバイスがいくつも心に残っています。見る人に元気を送ることがチアの魅力です。BRIGHTS――明るく輝く笑顔で、動物と飼い主の両方の元気を引き出せる獣医を目指します。バレーボール顧問の先生は、すごく厳しい方でしたが、バレーボールの面白さも教わりました。練習すればするほどバレーボールが好きになっていきました。

元のページ  ../index.html#20

このブックを見る