日本大学第一中学校
12/24

11︱Nihon University Daiichi Junior High School生徒一人ひとりを学校全体で支えます毎日の学校生活が楽しい!そう思える充実した6年間になるように、信頼関係を結ぶことを心がけています。頭を鍛える。それには数学の問題をじっくり考えることが一番です。勉強も部活も、何事も全力で。必ず自分自身の力になります。体力、気力、人間力。あらゆる「力」を体育で身につけましょう!日大一中・一高で、体と頭とハートを鍛えて社会で活躍しよう。出来なくても挑戦。そんな人間に、なってほしいです。英語って使えなくては意味がないのです。実践力を身につけよう。たくさん話して・書いて、ことばを自在に使えるようにします。歴史を学ぶと、現いま在がわかる。授業を通じて楽しく学ぼう。学年主任として「できなかったことをできるようにしよう」を合言葉に、中学最初の1年間を過ごしましょうCase 01Case 02湯原 謙(中学1年・学年主任)本校には、一人で新しい環境に飛び込んでくる生徒たちを温かくサポートする先生たちがいます。中1では特に生活面の指導に力を入れ、学年全体で行う行事などを通して、ルールを守ることや仲間を思いやることの大切さを伝えていきます。また、個々の成長を認める姿勢を重視し、時に厳しく次のステップへの飛躍を促します。入学時はまだ子どものようだった生徒も、1年経つ頃には、身も心も大きく成長します。「自主性と自由の違い」を理解してもらうためには大人の目による適切なサポートが欠かせません校友会主任として森田 孝(校友会主任)校友会(特別教育活動部)は、教員が生徒会活動や部活動のサポートを行う組織です。本校の生徒会活動や部活動は、基本的に生徒の自主性を尊重していますが、生徒たちの成長のためには、やはり大人の目が欠かせません。近すぎず、遠すぎず、バランスのよい距離感を保ちつつ、生徒たちがあまりに外れた道を選ばないように導くことが私たちの役割です。叱ることもありますが、生徒に対する愛情と尊厳の気持ちを忘れずに、皆の成長を見守っています。時には優しく、そして、常にあ日大一中の

元のページ  ../index.html#12

このブックを見る