高輪中学校 高輪高等学校
32/36

DATA information入試Q&AQ. 入試説明会は、入試本番に近いほど有力な情報が得られますか?A. そのようなことはありません。ただし、第1回の説明会には「各教科の出題傾向と対策」はありません。第2回~第5回までの説明会で説明する内容は同じです。説明会に出席ご希望の方は、資料・座席の用意もありますので、各回の前日正午までにお電話にて申し込みをお願いします。なお、定員になり次第締め切らせていただきます。Q. A日程・B日程・C日程の問題の難易度は同じですか?A. 問題の内容はもちろん違いますが、難易度はなるべく同じになるように作問しています。年度や科目によって、平均点が多少上下することはあります。Q. 科目ごとの合格基準点はありますか?A. ありません。あくまでも受験科目の合計点で合否を決めています。Q. 複数回受験には優遇措置がありますか?A. 特にありません。ただし2回目・3回目の試験で合格した受験生も多くいます。なお、入学手続終了後に入学辞退者が出た場合、複数回受験者の中から繰上合格者を出すこともあります。合格発表時に補欠合格者を出すことはありません。繰上合格者には例年2月14日頃までに電話で連絡いたします。Q. A日程・B日程を受験しようと思いますが願書は同時に出した方が良いですか?A. 本校はA日程・B日程とも当日17時に合格を発表し、その結果を見て出願することができます。複数回出願で受験料が安くなることはありません。なお、同時出願の場合、合格後の試験の受験料に対しては返金制度があります。Q. 出願期間中の応募状況を知ることはできますか?A. 本校のホームページ(http://www.takanawa.ed.jp)で応募状況を確認できます。出願期間中は毎日、応募状況を更新します。Q. 「算数午後入試」について。A. 2月2日の午後に実施します。出願は当日の午前11時まで可能です。算数1科目のみ60分間の試験で、計算過程(答えを出す過程を重視する)・総合力を見る問題となります。A・B・C日程とは解答方法が異なり、記述型入試として実施しています。 例年「どの程度まで記述できればよいのか」という質問を受けますが、あくまでも小学生を対象としていますので、中高生に要求するようなレベルの記述は難しいと思います。留意すべき点としては、①答えのみの解答とならないこと、②式だけの羅列にならないこと、③問題文中にない値・事柄を用いる場合は説明を入れること、などに注意しながら解答していけば良いでしょう。Q. 「帰国生入試」について。A. 社会のグローバル化に伴い、学園内での異文化理解・国際交流を図って、平成18年度入試より導入しました。募集人員は10名です。平成26年度入試より試験日が1月12日のみの1回となりました。試験科目は2科目型(国語・算数)と3科目型(国語・算数・英語)になります。詳しいことは本冊子30ページの募集要項をご覧ください。Q. 「算数午後入試」・「帰国生入試」合格者のクラス分けについて。A. 新入生のクラス編成時に「算数午後入試」あるいは「帰国生入試」の合格者だけを集めた、特別なクラスを作ることはありません。また、数学や英語の授業についても特別な先取り授業を設けず、他の生徒と同じカリキュラムで学習を進めていきます。理解度の高い生徒に対しては教科担当者が休み時間・放課後などに個別で対応しています。Q. 願書以外に提出する書類やアンケートはありますか?A. 報告書・調査書や通知表の写しなどを提出する必要はありません。ただしアンケートについては、出願時にその場で通塾名を記入していただいております。なお、アンケートは合否には関係ありません。Q. 資格(英語検定・漢字検定など)を持っていると合否決定上優遇されますか?A. 英語検定や漢字検定などの資格を持っていることで優遇することはありません。あくまでも当日の試験結果で合否を判定します。Q. 入試当日、保護者が同伴できない場合、受験することはできないのでしょうか?A. 登下校時の受験生の安全面を考えると、相当な事情がない限りは保護者同伴でお願いします。なお、試験終了後ご子息の受験会場まで保護者の方を本校教職員が誘導し、保護者の方と一緒に下校していただいています。Q. 特待生制度はありますか?A. 入学試験による特待生の制度はありません。ただし、中学2・3年生の特待生には年間の授業料相当額を、高校1~3年生の特待生には年間の授業料と就学支援金との差額相当額を、奨学金として支給しています。例年16名程度が特待生になっています。Q. 高校からは募集していますか?A. 平成26年度入試より高等学校の募集を停止しました。Q. 転編入試験はありますか?A. 現在は実施していません。31 TAKANAWA JUNIOR & SENIOR HIGH SCHOOL

元のページ  ../index.html#32

このブックを見る