高輪中学校 高輪高等学校
14/36

中高一貫教育|進学目標を見据えた6ヶ年一貫の継続的な教育を実践 君たちはスポーツがもっとうまくなりたいとか、ギターやピアノをもっとうまく弾けたらいいのにと思ったことがありますか。それと同じように英語ができるようになることはとても楽しいことです。もちろんテストで良い点を取ることは大切なことですが、その先にある英語の可能性に気づいて欲しいと思います。英語は君たちと世界をつなぐ強力な道具であり、多様な文化そのものでもあります。英語を使って君たちの可能性を最大限に伸ばしてください。英語科英語科主任吉倉 聡●総合・演習・会話の3本柱で構成することにより、聞く・話す・読む・書くことを通じてコミュニケーション能力を総合的に育成し、言語や文化に対する関心を高める。●総合では中高一貫用教科書を使用し、聞く力・読解力を養うと同時に、自分の意見を英語で表現するための基礎力を身につける。●演習では問題演習を通じて言葉のきまりを正しく身につけ、コミュニケーション能力の基礎を養う。●会話では外国人教師の指導により、英語を理解し、英語で表現できる実践的な運用能力を養い、英語を使って積極的にコミュニケーションを図り、異文化理解の態度を育成する。●英語運用能力技能試験の受験を積極的に推進しており、実用英語技能検定(英検)では、3年次の春の検定で3級合格をめざす。その他に、3年次ではGTECを活用することにより、更なる英語運用能力の向上をめざして意識付けを図る。●英語を通じて、文化やそれを反映する言語そのものに対する関心を深め、積極的にコミュニケーションを図ろうとする国際理解の基盤を養うとともに、多岐にわたる情報に溢れた現代社会において必要な情報を的確に理解する基礎的な能力を養う。●基礎学力の充実を図り、自発的な学習態度の確立に努める。●英検の準2級・2級(実力に応じて)や、GTECの受検を通じて、各自が自発的に英語力の向上に努めるよう促す。●3年次では特に大学入試問題の解き方に重点を置いて、生徒の志望に応じた受験指導を徹底する。中学校高等学校◎教科指導の重点教科書だけじゃない!中3・スピーチコンテスト 中学3年生は、中学1年から少人数でネイティブ教員と学んできた英会話の授業の集大成として、まずはクラスでスピーチコンテストを行います。また、その中の優秀者は、講堂で学年全体の前で発表します。中1から学んできた英会話の集大成13 TAKANAWA JUNIOR & SENIOR HIGH SCHOOL

元のページ  ../index.html#14

このブックを見る