明治大学附属 明治高等学校・明治中学校
16/24

よくあるご質問生徒を見守る人々学校生活[SCHOOL LIFE]SECURITYFAQ学習について中学から高校への進学について学校生活について生徒一人ひとりが元気で充実した学校生活を送ることができるよう、保健室では心身の健康をサポートしています。また、生徒たちが心と身体について自主的に管理する態度や能力を養えるよう、例えば体調が悪いのはなぜか、あるいはどこで怪我をしたかなど、原因を一緒に考えるように努めています。保健室養護教諭と看護師の常時2名体制で、 生徒たちの心身の健康をサポートしています本学の生徒はみなさん礼儀正しく、朝夕気持ちよい挨拶をしてくれています。私たちは生徒全員が快適に学校生活を送ることができるよう、校内に出入りする人の確認やバス運行に伴う安全確認などに努めています。これからも笑顔の交流が続くよう、しっかりとみなさんの安全を守っていきたいと思っています。守衛室8名の守衛さんが登下校時も、授業中も、 生徒たちをしっかり見守っています。中学生、高校生は身体が急激に成長する一方、精神的には不安定になることの多い時期です。家庭や学校での対人関係に悩みがあっても、この年齢であれば当たり前かもしれません。相談室では、本人は勿論、保護者、先生方と一緒にこれらの状況を考えたり、見直すきっかけを探すお手伝いをしています。カウンセリングルーム2名のカウンセラーが週に4〜5回来校、 気軽に相談できる場所を用意しています。中学生には1日1時間半くらいの宿題や課題があります。小テストは各教科必要に応じて実施しています。学習習慣を身につけるためには、自宅での学習も大切です。一緒にがんばりましょう。高校生の宿題は多くありませんが、自ら課題を見つけて学習するよう促しています。宿題・小テストは多いですか?Q中学から高校への推薦には、中学3年の2学期末までの成績において、全ての教科で40点以上、主要5教科(国社数理英)平均が55点以上であることに加え、英検準2級(1次試験)以上に合格していることが必要です。毎年ほとんどの生徒が明治高等学校に進学しています。中学から高校への進学はどうなっていますか?Q本校生徒の通学時間は平均70分程度ですが、2時間かけて通っている生徒も珍しくありません。スクールバス利用を原則とし、ほとんどの生徒が1時間前後かけて通学しています。バス利用方面は、京王線方面と中央線方面からが各4割、南武線方面からが2割程度となっています。生徒の平均通学時間はどれくらいですか?Q塾に通う生徒は中学で3割程度、高校で2割程度です。本校では、生徒の学力状況に応じて週1回の補習を行っているほか、1学期の成績が振るわなかった生徒を対象に夏期補習も行っています。生徒1人ひとりの学ぶ意欲を大切にしており、質問しやすい環境が整っています。塾に通う生徒は多いですか?Q最初から同じクラスになります。明治中学校では英語と数学で若干の先取り学習を行っていますが、学力差を心配するほどではありません。生活面で不安を感じる場合もあるようですが、5月下旬の林間学校が終わるころには高校入学生も学校になじみ、楽しく過ごしています。高校から入る生徒は中高一貫生と同じクラスになるのですか?Q学校までは、調布駅から約20分(飛田給駅からは約10分)、三鷹駅、矢野口駅からは約25分です。8:35の始業時間に間に合う最終バスの発車時刻は、飛田給駅が8:15、三鷹駅と矢野口駅が8:05です。下校時の最終バスは各方面とも平日が18:30、土曜日が17:30で、これが最終下校時刻です。スクールバスの所要時間はどれくらいですか?Q15SCHOOL LIFE

元のページ  ../index.html#16

このブックを見る