かえつ有明中・高等学校
48/50

 本校がこの有明に移転して今年で12年目になります、本校への受験を考えておられる皆さんが生まれ育った年数とほぼ同じです。もちろん、皆さんは21世紀に生まれ、この世紀で活躍をされます。このように書くと、私は司馬遼太郎(1923〜1996)の「21世紀に生きる君たちへ」という短いエッセイを思い出します。こちらに触れながら皆さんの活躍を手助けする本校を紹介しましょう。 司馬遼太郎は「私が持っていなくて、君たちが持っている大きなものは…」と問いかけています。それは「未来」というものであると言っています。そして、君たちがそのかがやかしいにない手になるのだとも言っています。そして、空気や水、土などの自然に人間も依存して生きており、人間は自然の一部にすぎず、21世紀は自然に対してすなおな態度こそが希望であり、君たちへの期待だと述べています。更に続けて自分に厳しく、相手にやさしい「自己の確立」を君たちにのぞんでいます。民族へのいたわりの気持ちもわきでてくるに違いない。最後に「いつの時代もたのもしい人格」を持たねばならない。 本校はディープラーニング、グローバル、ダイバーシティを柱にして皆さんの底力をつけて参ります。本校における中学・高校の6年間は自己の確立や人格形成に重要な年齢だと思っております。本校には帰国生の仲間も多く学んでおります。色々な考えや価値観にも出会うでしょう。これから多種多様な価値観や科学技術の広がりの中で、皆さんが自分を失わずに、頼もしい人になる礎を、本校は提供できると考えています。 何事も基盤は重要です。本校は皆さんに基盤を身につけて頂くことを第一に考えています。中高の6年間で多くの友人と出会い、教員と議論を戦わせ、図書室の本を読みふけり…。皆さんにとって、有明が必ずや素晴らしい人生の原風景となることを願っております。是非ともそうしたいと思っております。皆さんとお会いできる日を楽しみにしています。本校が君たちの人生の原風景になってほしい水谷 惟恭of the BoardPresident1970年東京工業大学 大学院理工学研究科化学工学専攻修了 工学博士1987年同大学 工学部無機材料工学科 及び同大学院 理工学研究科材料工学専攻 教授2001年同大学 工学部長に就任2006年国立東京工業高等専門学校 校長に就任2016年嘉悦学園 理事長に就任PROFILESchool Concept Book 2018 47

元のページ  ../index.html#48

このブックを見る