かえつ有明中・高等学校
23/50

Global英語の4技能をバランス良く身につける。日本の英語教育で長らく求められてきたこのスキルを、どう効果的に修得するか。その答えは「4技能すべてにおいて意識するコミュニケーション力の育成」にあります。世界の人々と協働するために試行錯誤してきた日本の英語教育 英語教育において、長年にわたって命題となってきたのは「どうしたら使える英語力を身につけることができるか」でした。「これはペンです」という例題を「あれはペンですか?」という疑問形にする、「ペン」の部分を「本」に変えるなど、文章のパターンを変える「パターンプラクティス」を行ってきた英語教育の黎明期がありました。次には「英語を使うのは海外に出るときなので、空港を舞台にした例題にしよう」あるいは「海外でショッピングをする場面の英語を教えよう」と、英語を使う場面のモデルケースを設定した時代もあります。 しかしグローバル化を迎えた時代には、会話のパターンは数限りなくあり、いくら英語を勉強しても「使えない」という事態になったのです。 日本の中学高等学校で教育を受けた人は、文法はよく知っていると言われます。本校の「元帰国生」の英語教員の中にも「日本人はこんなに文法を知っているのに、なぜ使えないのだろう?そう思って日本の英語教員になった」という先生もいます。立派なツールは持っているのに、使いみちがわからない典型です。 英語を学ぶ理由のひとつに「グローバルな社会で活躍するために」がありますが、英語を使って何をどうしたら、「グローバルな社会で活躍」できるのでしょうか。日常会話ができる。それは必要なことです。では、必要な情報を得たいとき、英語の文献しかない場合はどうでしょう?海外への留学を希望したとしても、英語で行われる講義を理解できないという理由で断念すべきでしょうか。将来、自分の上司が外国人になった場合は? 今後、ますます進むグローバル社会で必要な英語力とは、まずは目の前の進路志望を達成し、学問を修得し、自分を表現できるものでなければなりません。グローバル22

元のページ  ../index.html#23

このブックを見る